2017年度 第8回 OIM School-Entry コース-開催のご案内

参加受付は終了しました。

Entry コース講習とは -実機を使用し実習を行います-

これからEBSD法/OIMを用いた材料組織解析を始めようとしている方やOIM装置導入後日が浅くEBSD法の基本から学びたい方を対象としています。EBSD法の基本概念や、OIMソフトウェアの操作方法、データ収集の基本、そしてデータ解析の基本について講習いたします。
Entry コースのみ、今回からSEMに取り付けたOIM装置を使用し、EBSDパターンやマップデータの取得等についての実習も取り入れています。これまでにEBSDの使用経験がない方でもご参加いただけます。

Entryコース講習内容

【1日目】

午前 (10:00 ~ 12:00)

  • EBSD法の基礎/EBSDパターンとは?
  • 結晶系の表記について(ミラー指数とは?)
  • EBSD用試料作製に関して

午後 (13:00 ~ 17:00)

  • EBSD/OIM装置の構成について
  • EBSDパターンの指数付けの方法について
  • CI値の意味について
  • Hough変換法によるバンドの検出について
  • EBSD測定の座標系について
  • 結晶方位の表記について(極点図・逆極点図とは)
  • OIM-Analysis ソフトウェアの基本的な操作について

【2日目】

9:30~12:00、 13:00~15:30、 2つのグループに分かれ交代で下記の内容の講習を行います。
装置実習(2.5 時間)

  • EBSD/OIM用試料のセットについて
  • EBSD測定用SEMの調整について
  • EBSDパターン取得のためのOIM検出器の調整およびバックグランド処理
  • 結晶系のデータの設定について
  • OIM マップデータの取得について
  • 実習

OIM-Analysis ソフトウェアを用いたデータ解析-I (2.5時間)

  • IQマップの表示とその意味について
  • IPFマップ等結晶方位マップについて
  • 結晶粒と結晶粒界について
  • Partition Properties の役割について
  • 結晶方位差マップについて
  • 結集粒径分布のグラフ表示について
  • 極点図・逆極点図を描いてみる

OIM-Analysis ソフトウェアを用いたデータ解析-I (1.0時間)

  • Highlight 機能について
  • データのClean-up 処理について
  • Dataset Menu の機能について

Entry コース講習日程

第8回OIM School Entryコース

日程:2017年11月1日(水)~2日(木) (2日間)
1日目:10:00~17:00、 2日目:9:30~16:30

場所:さがみはら産業創造センター 会議室(神奈川県 相模原市)

募集人数: 10名 (SEM実習室の広さの関係で人数に制限があります)

会費:60000円(教材・EBSD読本・実習費・PC貸出料込)

■(ご案内会場案内図

参加受付は終了しました。